プロフィール

m2rebirth

Author:m2rebirth
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:
最近毎日のように死ぬ夢ばかり見る・・・

自分が突然、重い病気になり病院のベットで遺言を書いたり、死んでしまい、ふわふわっと浮かんでいる中でみんなが悲しんでいるのを遠くから眺めて、それがうれしいのか悲しいのかわからないまま泣いてる・・・そんな夢


その前まではうなるような怖い夢ばかり見てて、そして行き着いた先がこれだった。

この夢は何を自分に伝えたいのだろう。涙を流しながら起き上がった自分は自分に何を伝えたいのだろう・・・


最近よく考える『思春期』に終わりはないんじゃないのかって。

思春期ていうのは自分のイメージだけど、ものすごく不安定な時期で、愛、夢、せっくす、情欲、嫉妬、暗黒いろいろなものに覆い尽くされているきがする。


ドグラマグラや尾崎豊と思春期のころ出会うことは何事にも変えがたい財産であると思う。

別に詩を書こうというわけじゃない

10代のころの自分はせっくすてどんな感じなんだろうって想像したり、世の中の黒い部分ばかりに目がいき、それらを否定することで自分が上にいるって錯覚したり、ひとつひとつのことが途方もなく大切なものだって感じたり、どんな夢でもつかめるって思えたり・・・

黒や白や緑や青や赤やいろいろな色が原色が周りからバリアもなく襲ってくる。それを受け入れたり拒否したり、過剰に反応したり、そういうことがのちのちに大きな財産になってくると思う。


生や死だってすごく近くで感じられるのってこの時期じゃないかと思う。

世の中には殺人やねたみ犯罪、自殺などがあふれて、それを自分で批評する。

個人的な意見からいうと、別に僕は自殺反対者ではない


生きること死ぬことは今の自分に与えられたひとつの『財産』だと思う。それは否定しない。でもそれって人それぞれの価値観であり、人それぞれが考えることだと思う。

死ぬことは一種の逃げだというかもしれない。じゃあ君は今までもこれからも一回も逃げずに生きていく人間がこの世の中にどれだけいるのと問いかけたい。

自分が突如下半身不随になったり、しゃべれなくなったり、何も見えなくなっても、死ぬことは逃げだといって生きていられるのだろうか?自分はそれはできない。

今生きている自分は『死ぬことが怖い』から結果として生きてしまっている。

10代のころはなんでもできると思い、自分の思想や理論をもち2つの足で立っている気がしているだけだと思う。

この年になり、絶望を何度もみてきたから言えるけど、それはあくまで立っている気になっているだけである。

AさんとBさんが同様に下半身不随になったとしよう。Aさんは生きるのがいやになって自殺した。Bさんはそれでも空虚と戦いながら生きている。たぶん世論はBさんを褒め称えるだろう。でも逆に聞きたい。Aさんを攻められるのか?あなたは死ぬ寸前のAさんの前に立ち、『いきることのすばらしさ』でも唱えてAさんを踏みとどまらせるのか?仮に踏みとどまらせたとしても、彼はまた同じ場所に立つと思う


みんなが勘違いしていることのひとつに、勉強やスポーツの得手不得手があるように、『心の強さも同じ人間だから一定ではない』ということを伝えたい。心が弱い人強い人、もちろん心も生き物だから強がったり成長したりするだろう。でも最初からみんな一定の力を与えられてるのだろうか?野球がうまい人がいる。勉強が得意な人がいる。でも苦手な人もいる。同じように心の強い人弱い人がいるってことを生きた証としてみんなに伝えたい。


話を戻そう。『思春期』の終わりはいつ来るのだろうか?それは人それぞれだと思う。自分はこの年になっても思春期のころの感覚がまだ残っている。いろいろなものを乗り越えてきたのだろうか?それともただ死ぬのが怖くて過ぎ去っただけなのだろうか?わからないがまだ残っている。

何もかもがうまくいっているときは、自分で何でもできる。やればできるって思っていたけれど、うまくいかなくなると逆の思想になる。

もしかしたらそれがわかっただけでも思春期を客観的に見れてるから卒業したのだろうか?

でも仮に結婚しても子供が生まれて、日々のことがすべて子供に奪われていっても、白髪だらけになったとしてもこの感覚は忘れたくないと思う。


これを読んで納得できる人、不快に思う人、いろいろいるだろうが、ひとつの区切りを生きてきた人間として伝えたかったのでここに記します。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:

my mind is filled with images
of places that I've never seen
sounds of life in another time
are echoing inside my brain
and old familiar faces
of friendships that I can't forget
the long lost eyes I recognize
in people that I've never met

and if illusion is real
the love that I feel
is all that the mystery's about
because we're never the same
when life is a game
that only repeats until we figure it out

bye bye my love (kitto)
remember we may meet again
don't cry this life ends up only
being someone new

remember the trips we're taken
the secrets we shared long ago
the reasons why we were born to die
we couldn't help trying to know
so don't pretend that it's over
when nothing destroys energy
the force inside can't be denied
regardless of what we might see

bye bye my love once again
remember we may meet tomorrow
don't cry this life ends up only
being someone new

and darling it's only vacation
a time spend away from the search
you'll carry on with what we've done
in seeking the truth on this earth

訳)
まだ見ぬ世界のイメージが
僕の心の中に広がる
そこには忘れられない友達の顔や
絶望した瞳の人々がいる

僕を悩ませるのは
二人がどこでも同じ気持ちではいられないこと
人生はゲームのよう
そのイメージの意味がわかるまで
ただ毎日を悪戯に繰り返しているだけ

さよなら
泣かないで この人生が終わっても
二人は出逢えるはず
生まれ変わった時も
僕と君は逢えるはず
きっと...

夢を忘れないで
決して僕らは生きる意味を
教えることは出来ないけれど
エネルギーを壊すものはない
エネルギーを否定するものはないから
あきらめないで

さよなら
泣かないでこの人生が終わっても
二人は出逢えるはず
生まれ変わった時も
僕と君は逢えるはず
きっと...

時は悪戯に過ぎてゆく
何かを探しているうちに過ぎゆく
僕等は真実を探し続けてきた
そしてこれからもずっと続けてゆくだろう
この地球の上で...


今の気持ちです。きっと…戻ってこれるだろう…そうしてまた会えるだろう…それまでお互いに真実を探して夢を失わないでほしい 。この苦しみが消えるまでまっていてください…

copyright © 2017 エムツーアールの音ゲー、なんでもブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。